【Chatwork】タスク機能で自分の仕事と納期を表示する方法をご紹介!

本記事ではChatworkの「タスク機能」を使って、自分や他の人に割り当てられた仕事を、期限付きでメニューに表示させる方法をご紹介していきます。

タスク機能とは

Chatworkのタスク項目

Chatworkのタスク機能とは上図のように、Chatworkの右側にタスクを表示する機能です。

このタスクはメッセージと一緒に期限も表示されます。そのため、このタスクを確認したら、いつまでに自分が何をすればいいのかが、すぐに分かるようになっています。

そのため、Chatworkを使っていて何かの仕事を割り振られた場合、このタスクを使って保存しておくと便利になります。

タスクの完了方法

そんな便利なタスクですが、多くの方が仕事を割り振られる側だと思います。

そのため、まずはタスクを割り振られたときに、そのタスクを完了する方法についてご紹介していきます。

Chatworkのタスク完了ボタン

まずは右側に表示されているタスクの右上にある「完了」ボタンを押してください。

すると表示されていたタスクが消えるので、これでタスク完了となります。

Chatworkのタスク完了画面

タスクが完了したら、チャット欄に上図のような「タスクを完了しました」と表示されるので、確認してください。

タスクの追加方法

前章ではタスクの完了方法をご紹介しました。

しかし、たまにこちらからタスクを追加する必要があります。

そのようなときに、タスクを追加する方法についてご紹介していきたいと思います。

直接追加する方法

まず1番メジャーなタスク追加方法として、直接追加する方法となります。

Chatworkのタスク追加ボタン

直接追加するためには、まずChatworkの右側に上図のようなボタンがあると思います。

Chatworkの直接タスク入力画面

この「タスク追加」ボタンを押すと上図のような、タスク追加項目が出てきます。

タスク内容を入力した後、上図の赤線部分にある「担当者」と「期限」の設定もしっかりと設定してください。

この赤線の項目は忘れやすいためご注意ください。

全て設定したら、「タスクを追加」ボタンを押すと追加の追加が完了します。

これが直接タスクを追加する方法となります。

既存の文章をタスク化する方法

直接タスクを追加するのもいいのですが、仕事内容を話し合った後仕事が始まることもあります。

そのようなとき、その会話をタスク化できたら、タスク内容をまた打ち込む手間が省けます。

Chatworkのメッセージをタスク化する方法

メッセージをタスク化する方法として、メッセージにカーソルを合わせると、上図のように色んな項目が出てくると思います。

その中にある「タスク」という項目を押すと、前節でご紹介した「タスク内容」に先ほどの内容が入力された状態になるので、そのまま同じようにタスク追加してください。

これが既存の文章をタスク化する方法となります。


本記事の内容は以上となります。

Chatworkは非常に便利なサービスですが、タスク機能はより便利にしてくれる機能なので、是非皆さんも使ってみてください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。