簡単!GIMPにプラグインを入れる・導入方法をご紹介!

本記事ではGIMPにプラグインを入れる・導入する方法についてご紹介していきたいと思います。

下記の記事でフォント導入方法もご紹介しているため、興味ある方はそちらも併せてごらんください。

動作環境

Windows 10

GIMP 2.10

プラグインの導入方法

基本的なGIMPにプラグインを導入する方法についてご紹介していきます。

プラグインのフォルダを検索・設定

GIMPにプラグインを導入するためには、GIMPにプラグインを認識してもらう必要があります。

そのために、GIMPにプラグインを置いてあるフォルダを認識してもらう必要があります。まずはそのフォルダがどこに設定されているのかを確認しに行きます。

GIMP2.10の設定項目

まずは上図のようにGIMPを起動したら出てくる上部の【編集】項目を選択し、その中にある【設定】項目を選択してください。

GIMP2.10のプラグインのフォルダ設定画面

すると上図のような設定画面が出てくるため、まずは左側にある【フォルダー】という項目の+アイコンを選択して項目を増やしてください。

増えた項目の中に【プラグイン】という項目があるため選択すると、上図の右側のようにプラグイン用のフォルダー一覧が表示されると思います。

プラグインをダウンロード・コピー

次にGIMPのプラグインをダウンロードしてきてください。このプラグインは自分が導入したいプラグインによってダウンロード場所は異なります。

導入したいGIMPのプラグインがダウンロードできたら、解凍して前節でみたGIMPのプラグイン用フォルダーにコピペしてください。そのあとはGIMPを再起動すると、GIMPのプラグインの導入が完了となります。

注意点として、ユーザー名が日本語の場合プラグインの導入が正常に行われない可能性があります。おそらくパス設定で、日本語が正しく認識されないためだと思います。そのため、フォルダ名が日本語の場合も注意が必要です。

そのような場合は、プラグイン用フォルダーを新規で作成し、設定することで問題回避することができます。

GIMP2.10のプラグイン用フォルダーを設定する方法

GIMPにプラグイン用フォルダーを追加する方法として、上図の右側にあるフォルダーアイコンを選択してフォルダ選択画面に行ってください。

そこで新規に作成フォルダーを選択すると、その左側の項目のそのフォルダにつながるパスが表示されていると思います。

このパスに間違いがないことを確認したら、左側にある+マークの付いたファイルアイコンを選択することで、プラグイン用フォルダーを追加することができるようになっています。

以上がGIMPにプラグインを導入するための基本的な方法でした。

注意点

注意点として、前節まででご紹介した方法はあくまでGIMPにプラグインを導入するための基本的な方法となっています。

プラグインによっては異なる方法で導入する場合があるため、必ずそのプラグインに同梱または説明などに書かれているインストール方法を読んでください。

おすすめプラグイン

個人的にオススメのプラグインは下記の2つとなります。

まず誰でもオススメできる様々なフィルターを追加してくれるプラグインのG'MICです。

gmic.eu

上記のリンクからG'MICをダウンロードすることができます。

GIMPでフィルターをがっつり使って画像加工したい人におすすめのプラグインとなっています。

 

もう1つはこちらは3DCG関連の人やゲーム開発者におすすめのプラグインですが、画像How-Sをノーマルマップに変換できる【gimp-normalmap】というプラグインがあります。How-S

code.google.com

上図のリンクからダウンロードすることができますが、ノーマルマップが欲しいとき是非使ってみてください。


本記事の内容は以上となります。

GIMPはプラグインを入れると更に便利になり、有料ソフトに引けを取らない高機能ソフトになるため是非試してみてください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。