大容量ファイルを簡単に送れるGigaFile(ギガファイル)をご紹介!

今回は大容量ファイルを簡単に送れるGigaFile(ギガファイル)について使い方などをご紹介していきます!

GigaFile(ギガファイル)とは

GigaFile(ギガファイル)のトップページ

まずGigaFile(ギガファイル)とは、大容量のファイルを無料かつ登録無しでアップロードできるサービスとなっています

アップロードしたファイルは、一定期間保存され、アップロードされたファイルのURLを共有して、相手にファイルを送ることができます。

なので、メールなどで大容量のデータを送るときに、非常に便利なサービスとなっています。

基本的な使い方

本章からはGigaFileの基本的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

ファイルをアップロード

GigaFileで相手にファイルを共有する時、まずは共有したいファイルをアップロードする必要があります。

まずは下記のリンクからGigaFileにアクセスしてください。

gigafile.nu

アクセスしたら下にスクロールしていってください。

GigaFileのアップロード位置

すると上図のようなメニューが出てくるので、その中にある上図の赤枠部分に、共有したいファイルをドラッグ&ドロップしてください。

GigaFileのアップロード中の画面

アップロードできたら、上図のようにアップロード中のバーが貯まっていくので、完了まで少しお待ちください。

共有の方法

GigaFileの共有URL

GigaFileにファイルのアップロードが終わったら、上図の赤線の位置にURLが表示されます。

このURLがアップロードされたデータをダウンロードできるURLなので、このURLを共有してください。

ファイルのダウンロード

GigaFileのダウンロードページのダウンロードボタン

前節の共有URLにアクセスすると、上図のようなダウンロードページにアクセスします。

ダウンロードページにアクセスしたら、上図の赤線部分にある【ダウンロード】ボタンを押すことでアップロードされたファイルをダウンロードできます。

これで、基本的なGigaFileの使い方は完了となります。

便利な設定・機能

前章ではGigaFileの基本的な使い方をご紹介してきましたが、基本機能だけではちょっと使いにくいです。

しかし、これからご紹介する設定や機能があるので、GigaFileが便利になります。

ファイルをまとめる

GigaFileのファイルを1つにまとめるボタン

まず複数のデータを送りたい時、1つのファイルにまとめることができます。

全てのデータををまとめる場合、データのアップロードが完了した後、上図のように【まとめる】ボタンを押してください。

すると、そのボタンの下にURLが出てくるので、こちらを共有してください。

有効期限を変更

GigaFileの有効期限

データをどの期間保存しておくのかを決めるのは、上図の赤線部分となります。

もし7日より長くしたい!という場合は、データをアップロードする前に変更してください。

パスワード追加

GigaFileのパスワード設定項目

GigaFileにはダウンロードする時、パスワードを設定することもできます。

アップロードが完了したら、上図の赤線部分のように【ダウンロードパスワード】という項目があるので、ここにパスワードを設定してください。

GigaFileのダウンロードパスワードの入力項目

ダウンロードパスワードが設定された場合、上図の赤線部分に設定されたダウンロードパスワードを入力しないとダウンロードできないようになっています。

なので、共有したい相手にだけダウンロードパスワードを教えるようにしてください。

ファイルを削除

GigaFileの削除キーの表示

GigaFileでは使い終わったデータは有効期限を待つことなく削除することができます。

まずは上図のようにアップロードしたときに表示される【削除キー】をメモしておいてください。

GigaFileの削除キー入力項目

次に、GigaFileのデータダウンロード画面に上図の赤線部分のような【削除KEY】という項目があります。

ここにアップロードしたときに表示された【削除キー】を入力して【削除】ボタンを押すことで削除できます。


本記事の内容は以上となります。

相手に大容量のデータを無料で共有したいけど、クラウドサービスは使いたくない!という場合に大活躍するサービスなので、是非使ってみてください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。